|| xgag's menu | hong kong : foods grade-B | entertainment | trivia | other : china'91 | bbs ||

xgag's
南 国 備 忘 録
Nothing related to South China Sea regional/political issue.
Written in Japanese only.
diary index

<呑気な続報>
「どこにいるんだアンタは」と叱責されつつまだ下総の実家にいたりトキオをうろうろしたりしとりますが、yapeus.comその後の近況報告メモ日記始めました。まさかここまで使うとは思わなかったケータイ(+メダマ型キャプチャ)で更新してます。

実家のダンボール箱からも更なる大量の(そして更なる昔の)遺物が発掘されて、脳裏じゃなくて物証的に目の前を走馬灯がくるくるしています。虫プロ発行の「ライオン・ブックス」(手塚治虫のSF漫画短編集)第3巻、これは貴重なのか否か。十年おきぐらいに読み直すけど、やはり新鮮です。

てことで、若隠居の道を粛々と進んでおります。下次會面。


<更新停止のご挨拶>
はて。最高気温が30℃近くまで上がり、半袖一枚でも充分な陽気にひとり早起きしちゃった蝉がなんだか頼りなげな声で鳴いていた南国をあとにして、漸う海を越え北上してまいりました。ぼんぼり垂れの艶っぽい八重桜には間に合った模様、しかし日本はやはり乾燥している!空気も政治も銀行も。

引越荷物との壮絶なる死闘〜その戦いの中で奇跡的に発見された数々の遺物にまつわる秘話〜はきっと書かないけれども、とにかく掘っても掘っても本とCDと雑誌の山は無くならず、いっそ古物商免許を取って古本屋になろうかと半ば真剣に考えたデス。すっかり忘れ果てていた有象無象の中華圏アングラロックバンドたちのCDとか香港芸能の同人原稿がごっそり発見された時は、脱皮して消したはずの自分が皮ごとそっくり残って出てきたような、自分のミイラを自分で発掘したような不思議な気分に――てゆーかめっきりオタクだっただけ…。

something left/found。このleftの微妙さをもてあますうちは、あるいはfoundに連結する過去をきれいに巻き取れないうちは、人間が煎り切れていないなあと思ったことデシタ。それはwherever you live, whenever you see, whoever you loved, あんまり変わらない、maybe so (or may not be so).

さて、南国に長期間居住する機会はこの先暫くなさそうなので、「南国備忘録」(雑文日記)としてこの頁を更新することも、もうないと思います(デザイン変更などでファイルをアップロードし直すことはあるかもしれません)。xgagの他コンテンツ(Entertainment/Trivia/Foods B-grade)は、写真もまだいくつか残っているし、今もぽつぽつアクセスされる方もおいでなので、過去の備忘録からネタを拾って増量しながらまとめ直していければと考えております。タイトルを掲げたきり中身が無かったChina'91は、元ネタになる1991年の中国辺境貧乏旅行メモが無事発掘されたので、写真スキャンが出来たらぼちぼちアップしたいです。いずれも今にも増してスローペースの更新速度になると思いますが、topにて報告いたしますので、万一にも興味がおありの方は、おひまな時にチェックしてみてやってください。

で、次の旅路は南西へsurfaceなり。空を飛ばずに千葉からどこまで流れて行けるものでしょうか。とりあえず、備忘録はPCではなくノートに書き綴ることになりそうです。
Though 如果有機會的話、一定和大家再會。


Laichi BBB All rights reserved.  xgag@sea.plala.or.jp
hauN logo